ラブグラを使うデメリットってある?

誰にも聞けない、女性の不感症薬ラブグラの安心の買い方と使い方って?

妖艶の色を放すカーネーション

安心して薬を飲むなら、気になるのが副作用のことです。
まずはラブグラを正しく服用する方法を知っておきましょう。

ラブグラの主成分となっているのはシルデナフィルです。
これが腸の中から体内に吸収されて効果をもたらすため、おなかが空いている空腹時に服用することが推奨されています。
おなかがいっぱいの状態で飲むと薬の効果が半減されてしまうため、食後すぐの服用は薦められません。
空腹状態で飲むようにします。

また、飲むタイミングですが、ラブグラの薬の効果は飲んでから30分から1時間程度で効いてきます。
性行為をする時間から逆算して飲むようにしましょう。

薬を飲んでからおよそ5時間程度効果が継続しますが、黙っているだけでも快楽を得るのではなく、性的刺激があって初めて効果を感じられますから、夕食後、暫く経ってから薬を飲んで、その日の夜に性行為、という流れだと薬の効果をじゅうぶんに発揮できるでしょう。

一日の服用できる量は上限が100mgまでとなっていて、一度飲んだら次まで24時間以上は時間をあけなければいけません。

これらの条件をしっかり守ることで副作用がでることを抑えることができます。
どんな薬でも同じですが、用法、容量を守ることで薬の正しい効果を実感できることを覚えておきましょう。

そして気になる副作用についてですが、用法、容量を守っていても体に合わないことがあるかもしれません。
一人ひとり体質が違うので、自分に合う合わないかがでるでしょう。

ラブグラの一般的に言われている副作用ですが、体のほてり、頭痛、動悸、めまい、胃もたれ、鼻づまりを感じたと話す人がいます。
もしも副作用を感じた場合は使用を中止しましょう。

気になる場合はかかりつけの病院へ相談してみるのもおすすめです。

薬の効果が切れるのと同じぐらいに副作用の症状も消えてなくなるのが一般的ですが、もしもそれ以上長引く場合は病院で診察を受けてみてください。

女性の場合は婦人科のかかりつけの医院があると、いざというときに相談しやすい環境を整えておくことができるので、自宅や職場の近くにある婦人科に、かかりつけを見つけておきましょう。

定期的に婦人科検診を受けることもおすすめします。

« ラブグラのノウハウを知っておきたい   ピルとの関係を知っておきたい »
Copyright © 2016 ラブグラの正しい扱い方を知っておきたい女性たちへ. All rights reserved